FC2ブログ

やっぱり単なる日記

日常のあれこれと登山や旅行の記録。

ソニータイマーならぬ「EPSONプリンタタイマー」

買ってから丸4年経過したEPSONのプリンタPM-G800が使えなくなった。一昨日のことである。
「内部部品の調整の時期」というメッセージが出て、給紙ボタンとインク交換のボタンが交互に点滅して
使えなくなった。今までにプリンタは3台使ってきたがこのようになったのは初めてであった。

意味がわからないのでネットで調べてみたら、余った廃インクを吸収するパッドの交換が必要だと
いうことである。それならそうとメッセージにそう書けばいいのに「内部の部品」とは意味が分らない。

しかも、ネットで調べただけなので本当かどうかは分らないが、パッドにどのくらいインクが染み込んで
いるかを測ることはできないので、ヘッドクリーニングを何回したかカウントしていてある一定回数に
なるとこのメッセージを出して使えなくするらしい。

今までのプリンタは使っているうちに印刷にすじがでるようになったりして除々に壊れていったが、
今回は直前まできれいに印刷できていたのに、突然使えなくなったので、このカウントしているという
のがけっこう信憑性が高いな、と思った。

これが本当なら、まだ使えるものを買い直しさせるために「時限爆弾」をセットしているようなもので
プリンタメーカーに怒りがわいてきた。
いや、修理に出せばいいんだから買い直ししなくてもいいだろうというむきもあるだろうが、
EPSONのHPを見たらこの機種は修理に最低8500円かかるらしい。こんなにかかるなら新しいものを
買い直した方いい。
本当にパッドが汚れているだけなら、パッドを交換できるような形状にして、
交換のパッドを1枚500円程度で売ればいいのだ。

ということで昨日プリンタを泣く泣く買い直した。結局寡占状態にあるプリンタはどのメーカーでも
「時限爆弾」がセットしてあるのだろうが今までに4台続けて購入してきたEP損に怒りがわいていたから
対抗メーカーのCANONのしかも一番安いものを買うことにした。
結局高くていいものを買ったとしても、プリンタで印刷した写真より、ネット経由で写真を現像して
もらう方がコスト的にも品質的にもいいんだし。

で、買ったのが、CANONのip2500。8000円弱だった。
白黒印刷、そしてちょっとしたカラー印刷ならこれで十分だ。
そして、寡占状態のプリンタメーカーに対抗するため、もう印刷はなるべくしないと誓った。

スポンサーサイト
  1. 2007/12/11(火) 22:35:13|
  2. PC・ネット・デジタル・家電
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<賞与というもの | ホーム | 飲み会とサッカー>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://azmst.blog91.fc2.com/tb.php/332-40d543a3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

e351wis

Author:e351wis

カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

11月 | 2018年12月 | 01月
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -


カテゴリ

未分類 (0)
登山・トレッキング (248)
山の話題・登山道具など (84)
国内旅行 (83)
海外旅行 (63)
季節・日々のあれこれ (183)
散歩・美術館など (62)
近頃のニュースについて (65)
PC・ネット・デジタル・家電 (95)
TV・ラジオ・音楽・本・映画 (170)
園芸 (76)
日記 (147)

ライブカメラCh.

月齢

fxwill.com

Google Maps

最新記事

月別アーカイブ

最新コメント

最新トラックバック

リンク

このブログをリンクに追加する

カウンター