やっぱり単なる日記

日常のあれこれと登山や旅行の記録。

アオスタ・ドロミテ・チロル3 モンテ・ビアンコ(モンブラン)を望むエルブロンネ展望台と炎天下のアオスタ散歩

DSCN0361 (540x405)
↑SKY WAY中間駅のパヴィヨン・ドゥ・モン・フレティ(標高2173m)付近は散策できる。

7/1~7/9までのアオスタ・ドロミテ・チロルツアーの3日目。
今日は宿泊地であるアオスタを出発し、ヨーロッパアルプス最高峰のモンテ・ビアンコ(モンブラン)を眺める
エルブロンネ展望台に行き、午後はアオスタに戻りフリータイム。

ツアーバスでアオスタからクールマユールの隣町のアントレーヴで移動し、Monte Bianco SKY WAYの駅へ移動。
その時点で最高地点までではないものの、モンテ・ビアンコがよく見えている。
モンテ・ビアンコの左隣で目立っているトンガリはエギーレ・ノイル(Aiguille Noire de Peuterey、3773m)。
DSCN0283 (400x300)

今日は展望台からモンテ・ビアンコを見るだけなので、天気が悪ければもうどうしようもないのだが、
これ以上は望めないほどの晴天でありがたい。
このSKY WAY2015年のミラノ万博に合わせて建設されたばかりとのことで、ゴンドラ自体が360度回転するので、
どの場所に乗っていてもぐるっと1周風景を楽しむことができる。
日本でも木曽駒ヶ岳のロープウェイなんかで採用すれば人気が出るかもしれない。
DSCN0294 (400x300)DSCN0302 (400x300)

パヴィヨン・ドゥ・モン・フレティ(標高2173m)中間駅で乗り換え、エル・ブロンネル展望台(3462m)まで到着すると、
さすがに寒い。
でも風はほとんどないので、もってきたダウンを着るほどではなかった。
ソフトシェル+ウィンドブレーカーでちょうどいいくらいで、これも天気次第ではめちゃくちゃ寒いらしいので恵まれていた。
目の前にヨーロッパアルプス最高峰のモンテ・ビアンコ=モンブラン(4810m)を望むことができる。
モンブランはヨーロッパアルプス最高峰なのだが、尖っているわけではなくどっしりとしている。
最高峰の割りには登りやすいのかもしれない。
DSCN0320 (400x300)

そして、登るまで全然期待していなかったマッターホルン(4478m)が見えたのには感動した。
マッターホルンは明日麓の町チェルビーノで見るのでそれも楽しみだ。
DSCN0304 (400x300)DSCN0308 (400x300)

黒ラブはヴァレ・ブランシェ氷河を眺めて何を思うのだろうか。
そして細く尖ったデンテ・デル・ジガンテ(4014m)とその右のロシュフォール稜(4001m)。
DSCN0334 (400x300)DSCN0328 (400x300)

ツアー旅行にしてはけっこう自由が利き、下での集合時間が決められているだけなので、
それに合わせて自由に下りてきていいとのこと。
途中駅パヴィヨン・ドゥ・モン・フレティ(標高2173m)付近には高山植物園のある散策路があるとのことなので、
そこを散策することにする。
DSCN0350 (400x300)DSCN0353 (400x300)

DSCN0364 (400x300)DSCN0373 (400x300)

DSCN0363 (400x300)DSCN0374 (400x300)

下りて少しバスで走ったところから振り返るモンテ・ビアンコ。
DSCN0391 (400x300)

昼食をとったレストラン。
この辺りで泊まれたら楽しいだろうなと思う。
DSCN0388 (400x300)DSCN0397 (400x300)

アオスタの街に戻ってからは自由散策。
奥に見えているのはモンテ・ビアンコの前衛となるGrand Combin(グラン コンバン)。
DSCN0421 (540x405)

DSCN0424 (400x300)

アオスタはローマ遺跡も残る見どころの多い街だ。
西側の凱旋門まで行くと旧市街地は途切れる。
DSCN0410 (400x300)DSCN0431 (400x300)

せっかく時間があるので、旧市街地の中心にある市庁舎の前でジェラートを食べて休憩してから、
街の南側の高台まで登って、モンテ・ビアンコと街の風景を眺めることにした。
DSCN0415 (400x300)DSCN0438 (400x300)

アオスタ駅を通り抜けて、川を渡る。
あれ?なんだかゴンドラみたいなのが渡っている。
DSCN0443 (400x300)DSCN0450 (400x300)

町はずれのおしゃれな教会を過ぎると、坂道になり、周囲はブドウ畑となる。
この辺りまで約30分。
道路とさっき川を渡るときに見たゴンドラが交差するところまできたところで、これに乗るとかなり高台まで簡単に行けそうなので
ゴンドラの駅を探してみることにした。
DSCN0452 (400x300)DSCN0454 (400x300)

この辺りでもかなり高台で、街の方向を見るとアオスタの旧市街地の向こうにGrand Combin(グラン コンバン)が見えている。
DSCN0455 (400x300)

戻りつつロープウェイの駅を探し、見つけたもののロープウェイは17時で運行終了していた。
残念。
DSCN0460 (400x300)DSCN0464 (400x300)

炎天下を1時間程度歩いて汗だくになったので、アオスタ駅の構内のベンチで休憩。
日本の暑さと違って湿度が低いので日影に入ると風が心地よい。
DSCN0469 (400x300)DSCN0470 (400x300)

再び旧市街地に戻り、ローマ時代の橋を見る。
DSCN0475 (400x300)

そしてこの日の夕食はフリーだったので、アオスタの旧市街地の適当な店に入るが、ここがなかなかよかった。
DSCN0486 (400x300)

店員さんも感じよかったし、マルゲリータも4.3ユーロで安いし、チーズとハムの盛り合わせも11ユーロ。
DSCN0489 (400x300)DSCN0495 (400x300)

明日でこの街を去ってしまうけれど、もっと長く滞在したいなと思えるいい街だった。
DSCN0500 (400x300)DSCN0501 (400x300)
ホテルの窓から見えるMonte Emilius(モンテ エミリウス)に夕陽が当たる。

次へ
スポンサーサイト

テーマ:海外旅行 - ジャンル:旅行

  1. 2017/07/03(月) 23:59:44|
  2. 海外旅行
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

プロフィール

e351wis

Author:e351wis

カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

06月 | 2017年07月 | 08月
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -


カテゴリ

未分類 (0)
季節・日々のあれこれ (157)
近頃のニュースについて (63)
PC・ネット・デジタル・家電 (93)
TV・ラジオ・音楽・本・映画 (158)
登山・トレッキング (211)
山の話題・登山道具など (79)
散歩・美術館など (54)
国内旅行 (75)
海外旅行 (61)
園芸 (74)
日記 (147)

ライブカメラCh.

月齢

fxwill.com

Google Maps

最新記事

月別アーカイブ

最新コメント

最新トラックバック

リンク

このブログをリンクに追加する

カウンター