やっぱり単なる日記

日常のあれこれと登山や旅行の記録。

早すぎる初雪で箱根外輪山・明神ヶ岳~明星ヶ岳は藪漕ぎアドベンチャー

DSCN4781 (640x480)
↑明神ヶ岳~明星ヶ岳の間を歩いていると、富士山が見えてきた。

2日前に東京、横浜、甲府では11月としては54年ぶりに雪が降った。
雪が降るといろいろ面倒で嫌だなぁと思ってしまうのだが、今回はこの週末に箱根外輪山のハイキングに誘われていたので、
これで雪山ハイクができるなと思うとウキウキとしてしまうのだから、人間の心理というのは不思議なものだ。
箱根も関東地方太平洋側なので、11月下旬に雪が積もっているというのはかなり珍しいのではないだろうか。

小田原から初めての伊豆箱根鉄道大雄山線に乗り最乗寺から歩き始める。
金時山や明神ヶ岳などの箱根外輪山にはカルデラの内側から登ったことはあるが、外側から登るのは初めてだ。
最乗寺境内には赤く色づいたモミジがあったが、山全体はあまり紅葉していない。
色付く前に雪で葉が落ちてしまったような感じだった。
昨日気温が上がったからか、雪も登り始めはほとんど残っていなかったが、見晴小屋を過ぎた標高700m辺りからは雪が現れ始めた。
ただ踏み跡がしっかりしているので持ってきた軽アイゼンは必要なかった。

明神ヶ岳山頂に到着した頃には雲に覆われていたが、山頂で昼食を摂っている間に雲が流れて、陽も射してきた。
雪はあるもののさすがにまだ11月なので陽射しがあれば暖かく快適だ。
目の前には神山が大きく、大涌谷観光の規制は解除されたものの噴気は相変わらず大迫力で、
こんな大迫力の噴気を見られる今はチャンスだともいえる。
明神ヶ岳から明星ヶ岳へ向かっては下りもあるので軽アイゼンを装着する。
小さな爪だがあるのとないのとでは大違いだ。

明神ヶ岳と明星ヶ岳の間にある宮城野への分岐がある鞍部までは思っていた通りの快適な雪山ハイクで、
篠竹が雪で倒れているので見晴らしもよく、振り返るとさっきまで雲で隠れていた富士山も大きく見えている。
せっかく箱根まで来たのだからやはり富士山は見たいと思っていたので嬉しくなる。
ただ鞍部から先、明星ヶ岳までは歩く人が少ないのか、登山道に雪で倒れた篠竹が覆いかぶさっている場所がたくさん出てきた。
最初はこの篠竹の下をくぐればいいのかと思っていたが、入り込むとそれ以上進めなくなったりする。
こういう場合は下をくぐるのではなく、倒れている篠竹を押しのけて進まなくてはならないのだ。
つまりは藪漕ぎ。
藪漕ぎなんて日光白根山に湯元から登った6年前以来だ。
先頭を行く友人の1人は藪漕ぎに慣れているのかぐんぐん進んでいく。
一人で来ていたら雪で重くなった篠竹を押しのける作業に疲れて精神的に参ってしまったかもしれないが、
先頭を行く友人は力強く進んでいくし、後ろからくる友人は終始気楽に口笛を吹いているくらいで、
こうなると自分もなんだかちょっとした冒険をしている気分で楽しくなってきた。
明星ヶ岳に着くころには、登山用の撥水加工のズボンもビショビショになっていたが、小さな冒険をやり遂げた達成感、充実感でいっぱいだった。
藪漕ぎもメンバー次第ではこんなにも楽しくなるのだ。

DSCN4834 (480x360)

明星ヶ岳を経て宮城野に下りたころには、晩秋の日暮れは早く、ちょうど駒ヶ岳へ沈もうとしていた。
箱根の温泉も、小田原で地魚も堪能し帰宅。
早すぎる初雪で篠竹が雪で倒れていたおかげで展望もよく、藪漕ぎアドベンチャーのオプション付きの充実した雪山ハイクだった。

スポンサーサイト

テーマ:登山 - ジャンル:趣味・実用

  1. 2016/11/26(土) 23:59:16|
  2. 登山・トレッキング
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

今年の気分は、RADWINMPS「なんでもないや」

東京、横浜、そして甲府でも1962年以来54年ぶりの11月の降雪をもたらした低気圧は東海上へ抜け、
今日は移動性高気圧に覆われた秋晴れとなった。
ただ、雪景色なので11月なのに秋晴れというよりももう冬晴れといった方がいいような雰囲気だ。

そんな気分のいい晴天の中、職場の先輩と苦情現場へ車で向かう。
苦情現場に行くのに、問題解決は先輩に任せてしまっているという安心感からか、西方の雪化粧した丹沢や奥多摩の山々にばかり目が行ってしまう。
毎年12月半ばにならないと現れない丹沢山塊の白馬もくっきりと浮き出ているし、奥多摩の大岳山も御前山も雪化粧して威風堂々としている。
そんな車の中のラジオから、小林克也のAll Japan Singles Top20が流れてきていた。
その10位がRADWINPSの「なんでもないや」。

今年は阿蘇山で撮影されたMusic Videoも印象的な 家入レオの「僕たちの未来」もよかったし、
参議院選挙前の若者に向けたメッセージが込められていたような 欅坂46の「サイレントマジョリティ」も、
郷愁を誘う スピッツの「みなと」も、
南アルプスの天然水のCMで印象的だった 宇多田ヒカルの「道」もよかった。

が、今記録的ヒットを飛ばしている映画『君の名は。』のエンディングテーマである
RADWINPSの「なんでもないや」がでてくると、自分の中の気持ちが全部もっていかれた気がする。

テーマ:音楽 - ジャンル:音楽

  1. 2016/11/25(金) 19:33:08|
  2. TV・ラジオ・音楽・本・映画
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

初の春日部、ひとの人生と比べないこと、知らない街が楽しい思い出の地に変わっていく

春日部で野菜を収穫し、そのとれたての野菜で調理をするというイベントに参加。

初っ端から集合時間を勘違いするというミスを犯す。
丸の内線を銀座乗換えで日比谷線で北千住に行こうと思っていたのだが、途中友人とのLINEのやり取りで集合時間を間違えたことに気づく。
検索し直して霞ケ関で千代田線に乗換え、北千住で猛ダッシュすれば少しは遅れを取り戻せるかもと急遽霞ケ関で降りたものの、
目の前で発車しようとしていた日比谷線に飛び乗ってしまい結局変わらずということになる。
そして北千住では次の快速に乗った方が早いと検索していたのに、目の前で発車しそうになっていた区間急行に飛び乗ってしまい、越谷で快速に追い越される。
という感じで春日部に着くまでになんだか疲れた。
連絡してなんとかなったので、結局遅れたときというのは焦ってもロクなことがないということだ。

東武伊勢崎線に乗っている時に、草加あたりまで来ると意外にも西方の山々がよく見える。
北側が人工的に削られた武甲山がよく目立ち、その向こうに両神山まで見えていた。
埼玉東部からこんなにも西部の山がよく見えるんだと感動した。

春日部という街は知ってはいたものの、降りるのは初めてだ。
日光街道粕壁宿の街であるという知識はあるものの、どちらかというと「クレヨンしんちゃん」の街。
駅前に停まっているコミュニティバスのペイントもクレヨンしんちゃんだ。
後で今回のイベントに参加していた春日部在住の人と話したところ、スペイン旅行に行ったとき、
スペイン人もクレヨンしんちゃんを通して「カスカベ」を知っていたとのこと。
さすがはジャパニメーション、世界レベルだ。

遅刻したせいで野菜の収穫は終わってしまっていたものの、調理体験には参加。
初対面の人と話をしながら、高校生時代の家庭科の調理実習を思い出した。

楽しいことのなかった高校生時代だと思っていたが、そういえば調理実習の時は班のみんなで協力して一番に完成させて、
そして片付けも一番に終わらせようと頑張っていたことを思い出した。
班が男子と女子とで分かれていたのだが、男子の他の班よりは当然、女子のどの班よりも早く上手に作って
しかも片付けも早くしようと頑張っていたのだ。
教師にもいつも片づけが早いねと褒められなんだか誇らしく思っていた、懐かしく楽しい記憶を思い出すことができた。

帰りは友人と今回のイベントで知り合った人と一緒に浅草のクラフトビールの店に寄って打ち上げ。
ひとの話を聞いていると、自分の悪い癖で、ひとの人生がすごく羨ましくなり、自分はどうしてあの時をもっと楽しめていなかったのだろうと思ってしまう。
いったいあの時自分は何をしていたのだろうかと。
人生を無駄に過ごしてきたのではないだろうかと。

でも、あの時の自分はそれはそれで精一杯に生きていたのだから、それはそれでいいではないかと思うことにした。
そういう時代を過ごしてきたからこそ、今こうして知り合った人たちと楽しい時間を過ごすことができているのだと。
今つながっている人たちといい関係ができたのもこのタイミングで出会ったからだと。
何事にもタイミングというものがあるのだから、焦っても仕方がないと。
あれ?これって最近友人たちからよく言われていることじゃなかったかな?

今日は春日部、浅草でいい思い出ができた。
知らなかった街、特に思い出のなかった街が、楽しい思い出のある街へと変わっていく。

テーマ:日記 - ジャンル:日記

  1. 2016/11/23(水) 23:59:40|
  2. 国内旅行
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ココファーム 収穫祭 2016にて―夕焼け空があんなに遠い

友人たちに誘われて、足利市のココファームワイナリーの「収穫祭2016」へ。

DSC_0126 (480x270)

先週みたいな秋晴れの中陽射しを浴びながらワインを飲める!と思っていたのだが、
今日は低気圧が通過中であいにくの雨空。
行きの東武線の中でもドアが開くたびにかなり寒く、ダウンを着てくればよかったと後悔するほど。

それでも到着した足利市駅では収穫祭に行く人で賑わっていた。
到着するころには雨も小降りになっていて、しかも友人の1人はブルーシートまで準備していてくれて、
それでブドウ畑の棚の上に屋根を作ることができ、なんだか秘密基地の気分で盛り上がる。
ここのワイナリーはブドウ畑の中に入ってワインを飲むことができるのだ。

ブドウ畑の中に入って根元を踏んでいいのかなぁなんて最初は思っていたが、
ワインを飲み始めたらそんなことはどうでもよくなるくらい楽しくなってきた。
気心が知れた友人たちなら何を話しても大丈夫ということもあり、楽しくてついつい飲みすぎていつの間にか眠ってしまった。

友人たちの楽しそうな声でふと目覚める。
雨もやんで、夕焼け空が見えていた。
なんだかひとり取り残されたような感じがして、ふと、あんなに楽しかったのは夢だったのかななんてちょっと寂しい気分になった。

1985年に公開された『ドラえもん のび太の宇宙小戦争(リトルスターウォーズ)』のエンディングテーマ曲である
武田鉄矢の『少年期』の 「妙にさみしくて 目をこすっている」気分だった。

ただ、友人たちとの楽しい時間は夢ではなかった。
なんだかそれが、すごく嬉しかった。

♪目覚めた時は 窓に夕焼け
妙にさみしくて 目をこすってる
そうか僕は 陽ざしの中で
遊び疲れて 眠ってたのか
夢の中では 青い空を
自由に歩いていたのだけれど
夢から覚めたら 飛べなくなって
夕焼け空があんなに遠い

テーマ:日記 - ジャンル:日記

  1. 2016/11/19(土) 23:59:46|
  2. 国内旅行
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

温泉を目指して藤野芸術の道を高倉山経由でゆるゆるハイク

DSCN4707 (480x360)

温泉を目的に秋晴れの下ゆるゆるハイク。
藤野にある「ふじの温泉東尾垂の湯」が目的なのだが、そこに至る前に高倉山を経由。
高倉山はマイナーな山で、山頂もひっそりとして誰もいない。
高倉見晴しも見晴しはきかず、ただ葉が散ったら見晴しもきくのだろうか。

今日は昨日を上回る暖かさで、陽射しも強い。
そんななか雑談をしながら、山里をゆるゆる歩くのも悪くない。
藤野芸術の道を歩いていると、「射影子午線」 という作品があり、楕円形状のパイプから「1988年10月の天空を望めば、火星が見える」とのことで、
なんだかその塗装のはげかけた様子から、1988年という自分自身もなんとなく記憶に残っているあの年がかなり昔になったという感慨深さがあった。

高倉山から下り、目指すふじの温泉は目の前に見えるのに、目の前の秋山川の渓谷が深いのでぐるっと大回りして歩いていくことになる。

ただ温泉に入りに行くよりも、青空の下、色付き始めた山肌を眺めながら歩いて行ったので、秋晴れを充分に満喫できた。

テーマ:登山 - ジャンル:趣味・実用

  1. 2016/11/13(日) 22:04:05|
  2. 登山・トレッキング
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ

プロフィール

e351wis

Author:e351wis

カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

10月 | 2016年11月 | 12月
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -


カテゴリ

未分類 (0)
季節・日々のあれこれ (153)
近頃のニュースについて (63)
PC・ネット・デジタル・家電 (93)
TV・ラジオ・音楽・本・映画 (156)
登山・トレッキング (204)
山の話題・登山道具など (79)
散歩・美術館など (53)
国内旅行 (75)
海外旅行 (59)
園芸 (73)
日記 (147)

ライブカメラCh.

月齢

fxwill.com

最新記事

月別アーカイブ

最新コメント

最新トラックバック

リンク

このブログをリンクに追加する

カウンター