やっぱり単なる日記

日常のあれこれと登山や旅行の記録。

なぜか今パフィオペディラムが開花

なぜか今パフィオペディラムが咲いている。

IMG_6613.jpg

無加温で栽培しているので今まではだいたい3月~4月に開花していた。

前回咲いたのは2011年で、その前は2008年だったようなので、最近はだいたい3年おきに開花していることになる。

多分冬が寒くなったからだろうと思う。

ただ、2008年は6月に開花したみたいだが、11月になって花茎が伸びて咲いたのは初めてだ。
今年は夏場に鉢内にアリが巣を作ってしまっていたので危機感から咲いたのだろうか?
スポンサーサイト

テーマ:花と生活 - ジャンル:趣味・実用

  1. 2013/11/30(土) 23:59:54|
  2. 園芸
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

錦秋の御岳山は富士山が足りない

今年の紅葉も平野で見頃を迎えつつあるので山ではもう終わりだろうか。

今日は高気圧に覆われ全国的に穏やかな秋晴れになった。
たぶん御岳山もすごく混んでいるだろうと思いながら出かけた。

奥多摩方面に向かうホリデー快速おくたま号も思ったような混雑具合で、
ほとんどが御嶽駅で降りた感じだ。
御嶽駅からケーブル下へのバスは随時発車していたためにスムーズに乗れた。

御岳山は2011年7月以来2年ぶりだが、今回も前回と同じようにロックガーデンが目的。
夏のロックガーデンは涼しくてよかったが、秋のロックガーデンは日陰なのでちょっと寒々しい。
せっかくの紅葉もやはり陽が当たらないと鮮やかでない。

ただ尾根道に上がると西日に透かされた紅葉・黄葉が鮮やかですごくきれいだ。

御岳山は山上の宿坊の集落と御嶽神社、ロックガーデンとすごく魅力的なのだが、
やはり富士山が見えないのが惜しい。
この点で御岳山は高尾山より人気が落ちるのかもしれない。

大岳山まで登って富士山を見て帰ればもっと満足できるかなと思った。

テーマ:山登り - ジャンル:趣味・実用

  1. 2013/11/24(日) 23:59:07|
  2. 登山・トレッキング
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

伊豆に来るたびに

この記事を閲覧するにはパスワードが必要です
パスワード入力
  1. 2013/11/17(日) 23:59:37|
  2. 日記

ブナの巨木連なる天城山(万二郎岳~万三郎岳)

天城高原ゴルフ場の駐車場には10:00に着いた。
6年前の5月に来た時より混んでいるのは季節のせいか時間のせいか分からないが、
ツアーバスまで来ていてかなり混んでいる。

前に来た時は曇っていて気がつかなかったが、駐車場から
既にこれから歩く万二郎岳~万三郎岳の稜線が見えている。

ヒメシャラとアセビを中心とした登山道は明るく、ここ数日の寒さも和らぎ今日は小春日和だった。
ただ稜線まで上がると落葉樹の葉はほとんど散っていて北風が冷たい。

前回は時間の関係で稜線まで上がらなかったので気がつかなかったが、この稜線にはブナの巨木が多かった。
伊豆でこれだけブナが大木に育っているのは不思議な感じがする。さすがは伊豆の最高峰だけのことはある。

この山域はヒメシャラもかなりの大木に育っている。ツルツルした肌がきれいだ。

午前中登る前までは見えていた富士山が、稜線からは丁度雲に隠れてしまっていたのが残念だったが、
ただ、富士山が見えるのは万二郎岳から少し下がったところくらいだったので、
この稜線は巨木を見ながら歩くのが楽しいのかもしれない。

馬の背あたりの稜線は南からの陽射しが暖かく、北風がさえぎられるところでは昼寝をしたくなる暖かさだった。

帰りは北側の裾をまいて戻ってきたが、晩秋の陽はもう傾いていてもう薄暗くなっていた。
前日の雨のせいかぬかるみも多い。
が、稜線からわずかに標高を下げただけで、ここにはモミジの紅葉が一部残っていた。

駐車場まで戻ると、トイレ脇に設置された靴洗い場に列ができていた。

テーマ:山登り - ジャンル:趣味・実用

  1. 2013/11/16(土) 23:59:57|
  2. 登山・トレッキング
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

国宝 興福寺仏頭展

東京藝術大学美術館へ「国宝興福寺仏頭展」を見に行く。

今日は低気圧が発達し、寒冷前線通過時には激しい雨との予報だったが、
例のごとく寒冷前線が中央山岳地帯でバラバラになり結果的には関東地方は雨が降らなかった。

なので、前線に向かって南風が吹き込み暖かい感じだった。
上野公園を歩くのも芸大美術館も6月下旬以来だ。

興福寺の仏頭は中学生の時の修学旅行で興福寺で見て以来何回か興福寺や国立博物館で見ていたが、
いつもガラスケース越しだったと思う。

が、今回の展示は間近に360度見ることができるのである。
後ろから見ると火災で崩れた時に激しくひしゃげてしまったこともよく分かる。
なのに、顔に損傷がなかったのは奇跡的だ。

今回は同じ白鳳時代の深大寺の銅造釈迦如来倚像も合わせて展示されていた。
こちらもいつも深大寺で見る時は確か丸い穴からのぞく感じであんまりよく見えなかったが、
今回は間近に見ることができた。
確かに仏頭もこんな感じだったんだろうなと思う。

だが、仏頭は頭しか残らなかったので、逆にその表情が際立っているような気がする。
丁度腕のないミロのヴィーナスと同じような感じか。

そして今回は十二神将立像もガラスケース越しではなくよく見ることができた。
頭の上にそれぞれ干支の動物が配置されているのもよく見え、それが意外とかわいい表情をしている。
山田寺の仏像を興福寺に移した際にその守りとして造られた十二神将立像が、今回600年ぶりに再会したとのことで、
会場全体が仏頭を中心とした十二神将立像の配置になっていた。

5年後には興福寺の金堂の再建が完成するようで、薬師寺のように今後1000年を見込んだ現代の要素も
取り入れられた造りになるのだろうか。

帰りは新宿のBICカメラにLTEに対応した新型NEXUS7を見に行く。6月は帰りに旧型NEXUS7を見たのだが、
新型はやはり薄く軽くなっていて5ヶ月待ってよかったなと思った。
SIMはBIC SIMが月額945円で500MBまでLTE通信ができる(それ以降は200kbps)らしいのでそれがいいかなと思った。

今使っているガラケーが月1077円、そしてこのSIMが948円(ユニバーサルサービス料3円がかかるので。)
合計で2025円。
この位なら払ってもいいかなと思える金額だ。

テーマ:美術館・博物館 展示めぐり。 - ジャンル:学問・文化・芸術

  1. 2013/11/10(日) 23:59:56|
  2. 散歩・美術館など
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ

プロフィール

e351wis

Author:e351wis

カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

10月 | 2013年11月 | 12月
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30


カテゴリ

未分類 (0)
季節・日々のあれこれ (158)
近頃のニュースについて (63)
PC・ネット・デジタル・家電 (93)
TV・ラジオ・音楽・本・映画 (158)
登山・トレッキング (211)
山の話題・登山道具など (79)
散歩・美術館など (54)
国内旅行 (75)
海外旅行 (61)
園芸 (74)
日記 (147)

ライブカメラCh.

月齢

fxwill.com

Google Maps

最新記事

月別アーカイブ

最新コメント

最新トラックバック

リンク

このブログをリンクに追加する

カウンター