やっぱり単なる日記

日常のあれこれと登山や旅行の記録。

行ってみたら楽しかった市道山~臼杵山

台風27号がやっと過ぎ去り、やっと秋晴れがやってきた。
今週末は台風の影響でまた天気が悪いだろうと思っていたので、予想外の恵みの一日となった。

今日は市道山~臼杵山を歩く企画に参加。
市道山・臼杵山という名称は、住んでいる街から見える奥高尾縦走路の峰々を同定した時に
認識していたが、実際あまり行ってみようと思うような山ではなかった。
標高もそんなにないし、縦走路からの展望もいいという情報もない。
多分スギの植林地が続く薄暗い所なんだろうなと思っていた。
だが今回は企画に参加すること自体を楽しみに行ってみることにしたのだ。

武蔵五日市駅からの数馬行のバスは、都民の森に行く人たちなのか増発したくらいに混んでいたが、
市道山への登山口となる笹平バス停で降りたのは、今回参加グループ以外には1人だけだった。

舗装路を歩いて、いよいよ登山道となる手前で、いきなり穴のあいた木橋があり、
この登山道の人気のなさを象徴しているような感じがした。
ただ、この木橋がかかる川はすごい清流でおもったより楽しい山だなと思った。

市道山への登りの南側は意外にも広葉樹の森になっていて、
黄葉には少し早かったが色づき始めた感じがなかなかだ。
葉が落ちた季節にはかなり見晴らしもよくなるだろう。

市道山山頂に着くと北東側の展望がよく、お決まりになったスカイツリーだけではなく、
今日は筑波山まで見えていた。

市道山の山頂では他の登山者には2人しか会わなかった。
2人とも今熊山の方から登ってきたとのことで、そちらからの方がメジャーなルートなのかもしれない。
話を聞くとそちらのルートはトレラン(ハセツネ)のコースになっているとのこと。

都心からのアクセスの良さやエスケープルートの多さ、メジャーな陣馬山・高尾山まで続いている等々から
このあたりはトレランコースには最適なのかもしれない。
展望が少なく登山にはちょっと物足りないルートもトレランの目線からすると最適なコースとなる場合もあるのだろう。

市道山から臼杵山へはそこそこアップダウンがあり、歩きごたえもある。
広葉樹の森も思ったより多いし、スギの植林地も枝打ちや間伐などかなり手が入っていて、気持ちのいい道だった。

臼杵山山頂からも北東側の展望がいい。
目の前に五日市線沿いの秋留台地があって、横田基地が横たわっているのがよく見える。
もちろん新宿とかスカイツリーとかの都心方面もよく見えている。

市道山から臼杵山の縦走路は山頂部以外は確かに展望はよくないが、広葉樹も多く
思っていたよりも気持ちのいい道だった。
トレランブームに乗ってこのあたりもトレランメジャーコースになる日が来るかもしれない。

あと今回は他の人たちと話しながら歩けたので、それもあって楽しかった。
山を歩いていると日常の嫌なことを忘れている。

スポンサーサイト

テーマ:山登り - ジャンル:趣味・実用

  1. 2013/10/27(日) 23:59:19|
  2. 登山・トレッキング
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

週末は雨ばかり

先週水曜日に台風26号が過ぎ去って一時的に冬型の気圧配置になり、天気はよくなったものの
その後は南海上に台風27号が停滞し、前線が発生。
特に日曜日はその前線上に低気圧が発生して土砂降りだった。

今週末は停滞していた台風27号が、「藤原の効果」により先行した東側にある台風28号に
ひきずられるようにして動き出し、本州南海上を進みまた天気が悪くなるようだ。
ということで予定していた浅間山は当然中止。

今年は10月に入っても台風が次々発生し、まだ9月のような天気が続いている。
  1. 2013/10/24(木) 23:59:28|
  2. 季節・日々のあれこれ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

暴風の草津白根山でのフードの有効性

今年3回目となる草津白根山。(前回は9/7

今回は紅葉に間に合うかなと思っていたのだが、結果的に紅葉はもう終わっていた。
しかも7月の富士山以来となる暴風にあって吹き飛ばされそうだった。

前日に軽井沢に泊まって浅間白根火山ルート経由で草津白根レストハウス駐車場へ向かう。
なんとなく予感はしていたが、万座道路から国道292号に曲がるところから渋滞。
草津方面から来るよりはましだったが、それでも駐車するまでに30分以上かかった。
マイカー規制される前の乗鞍岳の乗鞍エコーラインで渋滞に巻き込まれ、
途中でUターンして帰ったことを思い出した。

今回は先月行けなかった探勝歩道最高地点まで行くのが目的。
時期的に紅葉も期待していたが、既に終わっていた。
葉の散ったダケカンバの白い幹の間のナナカマドの実の赤さだけが際立っていた。

空釜から探勝歩道最高地点へ向かうと、南側の展望が開け迫力のある浅間山の向こうに
富士山まで見えていた。

そのころから徐々に強風に突風が混じり始めた。
そして空釜の火口展望台に着くころには7月の富士山以来の暴風に見舞われた。
時折歩けないどころか吹き飛ばされそうになる位だったから、風速20m/sは超えていただろう。
登山道でしゃがみこむ人も多く、転倒者なども出たんじゃないかと思う。
そんな感じでしゃがみこんだりして、樹林帯にようやく逃げ込んだという感じだった。
復路を鏡池経由にしていたので、運よく丁度西からの暴風を防ぐことができた。
渋滞の影響か昼前でも続々と登ってくる人がいて、これからあの暴風の山頂で大丈夫かなぁと思った。
今回は移動性高気圧に覆われていたのでこんな暴風にあうとは思っていなかったので、
山の天気は難しい。

7月の富士山で帽子を飛ばされた後、ウィンドブレーカーにはフードが必須ということを痛感し
買っておいてよかった。
フードを被っていなかったらまた帽子を飛ばされただけではなく体力も消耗していたと思う。
帽子の紛失防止だけではなく、暴風時の体温低下防止など体力消耗を防ぐにもフードは有効だった。

ダケカンバの幹の間から見えた草津からの国道292号は渋滞の列が続いていた。
こんなに渋滞するなら観光シーズンの草津白根山も乗鞍岳と同じようにマイカー規制にしてほしいなと思った。
特に今日は強風で草津と草津白根山を結ぶ白根火山ロープウェイも運休になっていたので、
自家用車ではない人はいつ来るか分からないバスを永遠と待ち続けることになっただろう。
自家用車で来る人にとっても渋滞すると時間が全然読めなくなるので、山麓の駐車場に停めて
そこからシャトルバスに乗るという方式の方がありがたい。

テーマ:山登り - ジャンル:趣味・実用

  1. 2013/10/13(日) 23:59:57|
  2. 登山・トレッキング
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

近代化遺産―富岡製糸場と碓氷峠鉄道施設・アプトの道を歩く

この連休の秋晴れは軽井沢で泊まり、また草津白根山を歩くことにした。

が、初日は草津白根山だと遅くなりすぎるので、途中の富岡製糸場と碓氷峠のアプトの道を歩くことにした。

昨日も夏日になったが、今日もかなり暑い。前橋では真夏日になったようなので、当然夏日にはなっていただろう。

富岡製糸場は世界遺産を目指しているようだが、確かに近代化遺産としては偉大なのだが、
世界遺産とするにはちょっと弱いかなという気もした。
石見銀山の例があるにしても、富岡製糸場周辺に街並みが残っているわけでもなく、石見銀山より厳しいかなと。

P1030603.jpg

そして富岡製糸場も建物は創業当時のものなのだが、建物がずっと使われてきたため、中の製糸の機械も
最後に使われていた新しいものなのである。
それはそれで初めて見るものなので興味深いことは確かであるが。
繭からほぼ自動で糸を紡ぐことのできる機械はそれはそれでかなり面白いものである。

P1030617.jpgP1030618.jpg

そして、碓氷峠のアプトの道を歩く。
5月には熊ノ平駅跡~めがね橋までを歩いたので、反対側の横川駅~めがね橋まで歩くことにした。

熊ノ平~めがね橋に比べると、横川駅~めがね橋はトンネルが少なかった。
トンネルが少ないので、今日みたいに暑い日だとかなり暑い。
途中の丸山変電所跡は見どころだが、それ以外はそんなに見どころがない。

全部歩くのが目的でなければ、熊ノ平~めがね橋を歩くだけでも十分かもしれない。

P1030643.jpgP1030644.jpg
5月の時は雨が降っていたので気が付かなかったが、けっこうレンガが抜け落ちているのが気になる。

碓氷峠鉄道文化むらには、特急あさまが停まっていた。

P1030631.jpg

1997年7月、高校生の時の林間学校の時には上野駅~長野駅までこれに乗った。
1997年10月には長野新幹線が開通して特急あさまは廃止されたのだから、かなり貴重な体験だったのだ。
が、横川駅で連結でかなり長く乗車したのは覚えているが、写真も撮っていない。
当時は鉄道にそんなに興味なかったのだなと思う。

テーマ:国内旅行 - ジャンル:旅行

  1. 2013/10/12(土) 23:59:50|
  2. 国内旅行
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

itunesでMP3ファイル作成

家族が新しいオーディオを買うというので、家電屋へついていった。
今売っているオーディオはどんなだろうと思ったからだ。

今使っているオーディオは前にも書いたがaiwaのCD/MDコンポ。
これは買ってから10年半使っている。かなり長寿命だ。

が、MDも今は昔。
今はCDをPCで取り込んだファイルをMP3プレーヤーで再生して聞いている。
PCやMP3プレーヤーで音楽をファイルとして管理するとすごくコンパクトで楽だ。
しかもこの音楽ファイルをSDカードに入れておくとレンタカーを借りた時もSDカードの口がだいたいあるので
そこでも聞くことができる。

ということでMDは滅びたのである。

そして家電屋で見たオーディオも見事にMDは全滅していた。
そして、USBの口とSDカードの口がついた理想的なオーディオが各種発売されていた。

以前オーディオを見た時はSDカードの口のついたものはあったが、USBの口が付いていたものは見つからなかった。
その代わりipod専用の端子が付いたものが多かったように思う。

使っているデジタルオーディオプレーヤーはipodではなく、Transcendなので
ipod専用の端子なんてなんの意味もない。
それより汎用性の高いUSBの口が付いているのは理想的だ。

音楽を音楽ファイルで管理してデジタルオーディオプレーヤーとかSDカードで聞くならもうCDを介するのも面倒だ。
なので、ネット配信で音楽ファイルを買えばいいのだが、これは一回挫折している。

Moraだったかで買ったら、買ったPCでしか聞けなかったのだ。
PCで買ってMP3プレーヤーで聞きたいのに。

それでそれ以来ネットでは買っていなかったのだが、時代はネット配信主流になっているはずなのでもう1回
チャレンジすることにした。
音楽番組のCMでよく見るレコチョクを見てみたら、これは買った機器以外でも聞けるみたいだ。
なのでサンプル音楽をPCでダウンロードして、手持ちのMP3プレーヤーtranscendMP330にファイル移動してみたのだが、ダメ。

このプレーヤーは安価でコンパクトで音楽を聞くだけなら十分なのだがAAC(m4a)形式に対応していないらしい。
ネットでいろいろ検索したところitunesなら買ったAAC(m4a)形式ファイルをMP3に変換できることが分かり
http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1340198863
今度は見事に成功。

ということでこれで見事に音楽ネット配信生活になったのである。

これで今はラジオをMDを録るだけがメインになっているCD/MDコンポが壊れたら、USB・SDカードの口がついた
オーディオを買って音楽もオーディオで聞くことにしよう。

テーマ:音楽のある生活 - ジャンル:音楽

  1. 2013/10/05(土) 23:59:27|
  2. PC・ネット・デジタル・家電
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

プロフィール

e351wis

Author:e351wis

カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

09月 | 2013年10月 | 11月
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -


カテゴリ

未分類 (0)
季節・日々のあれこれ (153)
近頃のニュースについて (63)
PC・ネット・デジタル・家電 (93)
TV・ラジオ・音楽・本・映画 (156)
登山・トレッキング (204)
山の話題・登山道具など (79)
散歩・美術館など (53)
国内旅行 (75)
海外旅行 (59)
園芸 (73)
日記 (147)

ライブカメラCh.

月齢

fxwill.com

最新記事

月別アーカイブ

最新コメント

最新トラックバック

リンク

このブログをリンクに追加する

カウンター