やっぱり単なる日記

日常のあれこれと登山や旅行の記録。

帰省?ラッシュ

お盆だとか年末年始だとかになると、NHKだとかが相変わらず
「帰省ラッシュ」が始まりましたとか言っている。

が、集団就職の時代ならいざしらず、日本の人口の1/3が関東地方に、その8割は南関東に
そして日本の人口の1/10が東京都に集中して住んでいる現在、
いったいどのくらいの人数が「帰省」で動いているのだろうか?

大部分が行楽で動いているとしか思えない。

ニュースを注意深く聞いていると題名は「帰省ラッシュ」としているが、読み上げる内容は
「帰省などで…」と言っているから、帰省人口が減っているのは気づいているのだろう。

だったら「帰省ラッシュ」ではなく「行楽ラッシュ」と言えばいいではないか。

帰省ラッシュではなく行楽ラッシュであるとの証拠だが、今日だってこの時間になると
高速道路は「上り」が渋滞している。
日帰り行楽客が帰ってきているからである。
スポンサーサイト

テーマ:時事ニュース - ジャンル:ニュース

  1. 2011/12/30(金) 18:03:23|
  2. 季節・日々のあれこれ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

石老山 ―意外と観光化していた相模湖・藤野

P1040249.jpg
↑融合平展望台からは相模湖が一望できる

明日からクリスマス寒波が来るらしいが、今日は風も穏やかでそんなに寒くなかった。
そんな今日は友人と温泉目的に軽い山歩きに行ってきた。

冬至の翌日なのでかなり日が短い。
だから登山口まで時間がかからず山歩き2時間半程度+車道歩き1時間程度で温泉に着く津久井の石老山にした。
ここに登るのは3年ぶり、2008年4月の下旬以来である。

P1040231.jpgP1010226.jpg
(左)高尾駅から相模湖駅までの中央線からはほぼ完成した圏央道の裏高尾橋が見えた。(右)去年2010年9月の様子

JR相模湖駅からプレジャーフォレスト(昔は相模湖ピクニックランドといった)経由の三ヶ木行のバスに乗ると
10分ほどで石老山登山口に着く。

ここから顕鏡寺への参道が登山道になっている。
P1040243.jpg

円礫が混ざった礫岩で、そんなに硬く固結していない。
そんな岩がごろごろしている山で、低い山ながら見ごたえがある。
昔は修験道みたいな感じだったのだろうか?

大きな岩にはそれぞれ謂れがあるようで、その説明版があるのだが、
例えばこの「弁慶の力試し岩」の説明には、
P1040245.jpgP1040244.jpg
「中央に拳の跡が二つある。
 弁慶は強かった人かもしれないが、この岩に拳の跡を残す力はなかったと思う。」

とあり、なんだか妙に冷静に伝説を否定したりしている。

融合平展望台からは相模湖が一望できる。
いったいこの「融合」とはなんの融合なのだろうか?
そしてその展望台から少し進んだ登山道からミシン針のような東京スカイツリーが新宿の高層ビル群の向こうに見えた。
高い位置から見るとその異常な高さが改めて確認できる。
P1040253.jpg

強い冬型になるのは明日かららしく、今日は関東地方も曇りがちであった。
この丹沢山系の大山の向こうに本来なら富士山が見えるはずだ。
P1040255.jpg

そして山頂からは、今回の目的である藤野やまなみ温泉に行くために、篠原方面に下った。
こちらが東海自然歩道になるようなのだが、相模湖方面に帰る人が多いのか他に人はいなかった。

篠原から藤野やまなみ温泉まではコースタイムでは1時間20分となっていたが、1時間弱程度であった。
しかも車もそんなに通らない道なので歩きやすかった。
途中、大石神社というけっこう大きい神社があり、神社に舞台のようなものがあり、最初は土俵があるのかと
思ったが、説明版には歌舞伎を奉納していたとあったので、回転舞台なのかもしれない。

思ったよりは寒くなかったが、鉄パイプの中の氷が日中でもとけていなかった。
周囲から凍り始めるので、中の水が押し出されてこんな蛇みたいな形になるのだろうが、おもしろい。
P1040260.jpg

藤野やまなみ温泉は思ったより「観光化」された施設だった。
土産物なども売っている。
どちらかというと地元の人の健康施設なのかなと思っていたので、観光地みたいになっているのは意外な感じがした。

藤野も観光客は増えているのだろうか?
確かに、相模湖駅前にも藤野駅前にも観光案内所ができていたし、藤野駅前の観光案内所はかなりマニアックな
感じな土産物屋も併設されていた。

最近は「第三次登山ブーム」らしいので藤野も観光客が増えているのかもしれない。

最初は石老山は2回目だし、歩く時間も短いし、高さも低いし、近場の相模湖・藤野だしで
あんまり期待していなかった今回の山歩きだが、意外と楽しかった。
冬の日が短い時でもちょっと山を歩いて温泉にはいるとかなり楽しめるものである。




---
費用

JR中央本線: 高尾~相模湖 ¥190
神奈川中央交通バス: 相模湖駅~石老山登山口 ¥190
津久井神奈交バス: やまなみ温泉入口~藤野駅 ¥220
JR中央本線: 藤野~高尾 ¥230

合計:¥830

テーマ:山登り - ジャンル:趣味・実用

  1. 2011/12/23(金) 21:52:15|
  2. 登山・トレッキング
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

冬山に登らないわけ

友人と今年は、北八ヶ岳あたりに雪の中を歩きに行こうかなんて秋ぐらいには話していた。

ちょうど「山と渓谷」12月号では初めての冬山特集なんかもしていてタイムリーだったのだが、
が、冬になって、寒さが来るとそんな気はなくなってしまった。

なんでこんな寒いのに、わざわざ雪の中に行かなければならないのかといった感じだ。
ただ寒いだけでも嫌なのに、雪の中にいったら濡れるし滑るしで、そんなことを考えたら行く気がなくなって
しまった。

だから今までスキーもしたことがないのである。
そもそも雪が嫌いなのである。

テーマ:山登り - ジャンル:趣味・実用

  1. 2011/12/16(金) 23:41:14|
  2. 山の話題・登山道具など
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

バルス! やっぱり「天空の城ラピュタ」は名作だ

先週金曜日の夜は、旅先の寸又峡温泉でゆっくりと「天空の城ラピュタ」を久しぶりに見たわけだが、
やはりこれはジブリ作品の中でもかなりの名作だと改めて思った。

「こんなに科学が発達していたのに、なぜ滅びてしまったんだろう」


この作品にはその後のジブリ作品を含めても、ジブリの主張がすべて含まれている気がする。

この前通して見てから多分10年は経つと思うが、見る度に年齢が違うので視点が変わってまた面白い。
今回思ったのは、ムスカが意外と若かったんだなぁということである。
「ムスカくん」って呼ばれてるし。

1986年に公開されてから、すでに25年、そしてテレビ放映も13回を数えるのに、
テレビの視聴率は15%を超えたそうだ。

そして今日新たに、ツイッターでの秒あたりのツイート数で世界最高を更新したとのニュースを見た。
(もちろんその瞬間とは例の「バルス」であることは自明である。)

テレビの視聴率は色々と信用できないところもあるが、ツイート数でも世界記録を更新とはかなりすごい。
しかも高齢者に偏っていると思われるテレビ視聴率と、若年層に偏っていると思われるツイート数が
ともに高いというのは、さすがは「ラピュタ」である。

こういうアニメがあることを考えると、やっぱり日本が世界に誇るべきはアニメだなと改めて思った。

テーマ:アニメ - ジャンル:アニメ・コミック

  1. 2011/12/14(水) 23:59:29|
  2. TV・ラジオ・音楽・本・映画
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

徳川家康が祀ってほしかった理由が分かる―冬晴れの明るい遠州・駿州

今日はレンタカーを借りて、浜松駅から静岡駅へと移動しつつ観光をした。

静岡県―遠江・駿河をこんな風に観光して行くのは8年ぶりである。
なんだか近いこともあって、通り過ぎてしまうことの多い地域でもある。

最初は浜松駅前でレンタカーを借りたので、浜松城へ行く。
ここは石垣が面白かった。

P1040117.jpg
なんだか粗雑に積んである感じなのだが、これがけっこう強いらしいのである。
水も逃がすので、水でも崩れにくいらしい。

ただ見た目から言うと…。

次は掛川城へ。
ここは完全木造復元である。
P1040128.jpg

とあるお婆さんが東京大森の土地を売った5億円の寄付で再建が決まったというから、
良い金の使い方をしたものである。
丁度平成の初期のことだというから高く売れたに違いない。

天守閣だけでなく御殿もよく復元されている。
P1040140.jpg

そしてその御殿から天守閣を横から見るとなんだかスパッと切ったようなデザインなのも面白い。
P1040138.jpg

掛川城の地震で被害を受けている。
1854年(安政元年)の安政東海地震である。
P1040132.jpgP1040131.jpg
東海地方を周っていると地震の記録によく出会う。

そして御前崎へ向かう。
ここは8年前にも来たのだが、なんだか近くにとある施設があるため、なんだか気分が悪いところである。
風光明媚な良いところなのだが…。

P1040153.jpg

富士山もきれいに見えるのだが、それよりも北方に白く輝く山が気になる。
あれがもしかして悪沢岳だろうか?

深田久弥は悪沢岳の件で
「この奥深い山を私たちが平野から眺め得るのはなんと大きな喜びであろう。
 …
 伊豆の天城から、沼津から清水までの汽車の窓から、静岡の海岸から、私は熱い眼(まな)ざしをもって
 この山を眺めた。」
と書いている。

そしていよいよ今回一番楽しみにしていた日本平&久能山東照宮である。

冬型で風が強かった分、日本平からの富士山と清水港の眺めも申し分なかった。
P1040222.jpg

久能山東照宮は、徳川家康がここに祀ってほしいといった理由がよく分かる場所だった。

P1040191.jpgP1040205.jpg
修復が済んだばかりとのことで、すごくきれいだ。

日光に比べてなんだか明るい土地だなぁという気がした。
日光は周り中が杉で、重厚といえば重厚だが、なんだか暗い感じもする。

がここは南側が海に向かって開けているということもあるし、そして周りが照葉樹の森なのである。
海と照葉樹という気分の明るい土地に葬ってほしかったという気持ちは分かる気がする。
P1040209.jpg

テーマ:国内旅行 - ジャンル:旅行

  1. 2011/12/11(日) 23:59:14|
  2. 国内旅行
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ

プロフィール

e351wis

Author:e351wis

カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

11月 | 2011年12月 | 01月
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31


カテゴリ

未分類 (0)
季節・日々のあれこれ (160)
近頃のニュースについて (63)
PC・ネット・デジタル・家電 (94)
TV・ラジオ・音楽・本・映画 (159)
登山・トレッキング (215)
山の話題・登山道具など (79)
散歩・美術館など (54)
国内旅行 (76)
海外旅行 (61)
園芸 (74)
日記 (147)

ライブカメラCh.

月齢

fxwill.com

Google Maps

最新記事

月別アーカイブ

最新コメント

最新トラックバック

リンク

このブログをリンクに追加する

カウンター