やっぱり単なる日記

日常のあれこれと登山や旅行の記録。

ゴーヤ 第1回目の追肥

台風も無事温帯低気圧となり通り過ぎた。昨日はちょっと風も強かった。
が、最高でも8m/s位だったので被害はなかった。

今年は「緑のカーテン」ということでゴーヤ苗が飛ぶように売れているらしい。
家は藤棚のフジを切ってしまったためなので去年から予定していたのだが、思わぬ形でブームに乗っかってしまった感じだ。

P1020430.jpg P1020424.jpg

ゴーヤに初めて追肥をした。↑鉢の右隅にあるのがそれ。

4/29に植えた際に元肥をしたが、それから約1ヶ月経ち、
気温が低く日照不足の日が続いているのにもかかわらず、子づるの成長がけっこういいので
必要かなと思ったのである。

元肥は化成肥料だったので、次は有機肥料にしようと思っていたら、
昔ハーブ用に買った有機肥料が残っていた。
NPK=4:6:2なのだが、ゴーヤの肥料としてどうなのだろうか?

P1020431.jpg

子づるの成長がけっこう早い。
子づるの先端がすぐ網の裏側に入ってしまうので今日も引っ張りだした。
裏側で花が咲いてしまったら、実が成長できないではないか。

-----
ゴーヤの記録

1.ゴーヤの苗の植え付け (4/29)
2. ゴーヤの摘心と台芽かき(5/14)
3.ゴーヤの子づるの間引き(5/28)
スポンサーサイト

テーマ:園芸 - ジャンル:趣味・実用

  1. 2011/05/31(火) 18:40:56|
  2. 園芸
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

八王子駅周辺の大型店とともに小売店の立地について考えてみる

昨日、西八王子のカラオケシダックスへ行こうと思い、ネットで
八王子市八日町のシダックスが閉店していたことが確実だと確認したのだが、
この店舗は以前は忠実屋八日町店だったことは昨日書いた。

↓下記の写真はwikipedia「忠実屋」の項目より転載
 上部の看板部分に忠実屋のマーガレットマークが透けて見えてきていたがこの写真には写っていない。
Ex-Chujitsuya_Yokamachi.jpg

八王子の甲州街道沿いは江戸時代の宿場町(甲州街道中最大の宿場町であった八王子横山十五宿)の流れを
引き継いだ長大な商店街だったが、もう商店街の時代は終わっている気がする。

八王子の商店街が終わっているのではなく、商店街という店舗形態自体が過去の遺物だと思う。
商店街を「そぞろ歩き」して買い物する人なんてかなり少数派だろう。
甲州街道沿いにあった大丸・伊勢丹とちょっと駅よりにあった西武があった時代にだったら
その大型店舗を中心とした回遊型商店街なんていう「夢」も描けたかもしれないが、それも今は昔。

吉祥寺ですら駅からちょっと離れた近鉄百貨店・伊勢丹が撤退したところをみると、百貨店+商店街という街が
そんなに成功しているとはいえないと思う。もうそういう時代ではないのだろう。
この前銀座に行ったが、銀座ですら有楽町駅から歩く人なんて全然いない。
一番近くにある地下鉄の駅からその店舗まで歩く人がいるだけである。
地下鉄の駅が沢山あるから商店街を人が歩いているように見えるだけであって、駅前店舗が連なっているだけなのだ。
去年新宿で登山用ザックを探して歩き回った時も、あの日本最大の乗降客を誇る新宿駅ですら、
地下鉄の駅のない方向へ徒歩で10分も歩くと人はまばらであった。

駅がなければ人は集まらないのである。
だからこのビルも古いことだし多分取り壊し。忠実屋の前はイノウエだかマルキだかいう地元資本の百貨店で
あったと聞いたことがある。マンションになるというのが一番可能性が高いだろうなと思う。

だいたいなぜ「商店街」という店舗形態にこだわるのだろうか?
江戸時代の宿場町が時代の流れとともに商店街に変わったように、商店街というものも永遠ではないのである。
百貨店というのもそうだ。
江戸時代の呉服屋が対面販売という形態から展示販売に華麗に転身を遂げたのが百貨店ではなかったのか?
時代の流れが読めたからこそ生き残れたのに、今時代の流れを読めず滅びつつある。

そして、その百貨店であるが、八王子駅周辺で今一番話題なのが、そごう八王子店の来年1月での閉店。
P1020399.jpg

これは駅ビルだし空き店舗なんてことになったら大変だと商店会も焦って色々活動しているようだ。
が、この駅ビルを管理しているのはJR東京西駅ビル開発という会社。
JRの関連会社が、持っているだけでも固定資産税や管理費など諸々かかるビルをそのまま放置しておくとは思えない。
意地でもなにかテナントを見つけてくるだろう。だからそんなに心配ではない。

実際、このそごうの反対側の南口にその会社はもうひとつ駅ビルを建てたのだが、
すぐ隣の南口再開発組合施工の再開発ビルがテナント誘致に難航する中、難なくビックカメラという
集客力のあるテナントを見つけてきたのである。

ただ、駅から離れた商店街だけではなく、駅前でも大型小売店が持たない時代になったということである。
そごうの横の丸井が撤退した位からそんな流れなのだろうなと思ってはいたが。
実際よく訪れる甲府も駅前より郊外の幹線通り沿いの方がずっと集客力のある店舗が多い。
ということは今は多摩地区で一人勝ちの感もある立川もずっと安泰というわけではないということだ。
立川は駅周辺の大型ビルしかないわけだから。

そしてもう一つ、駅周辺と甲州街道の商店街の中間地点にあった長崎屋。
位置づけとしては、甲州街道沿いにあるものの駅にも近いダイエーと同じような感じだ。
P1020401.jpg

これが今月いっぱいで「閉店」して改装中。7月に再オープンとのことだが、敢えて「閉店」という言葉を
使っているところをみると長崎屋という名称は使わないということだろう。
親会社であるドンキ・ホーテの「MEGAドンキ・ホーテ」が一番可能性が高いだろうと思う。

八王子市内だと既にドンキ・ホーテが2店舗あるが、椚田・堀之内ともにドアーズの跡地であり
郊外ロードサイド型店舗である。
椚田にある「めじろ台店」には土曜日に行ったがかなり繁盛していた。
そんなことからすると長崎屋跡地にドンキができても繁盛しそうだが、問題は駅に近すぎて店舗に駐車場が
併設されていないことである。
ドンキ・ホーテっていうのはディスカントストアだがどちらかというとホームセンターに近いと思う。
そういう店で駐車場併設でなくて大丈夫なのだろうかという気もする。
ダイエーの集客力がないのも同じく併設駐車場がないことが理由だと思う。
イトーヨーカドーを使っていて思うのだが、荷物をもって遠くの駐車場まで歩くのが嫌いな客がものすごく多い。
駐車場併設店舗ですら、店舗入り口に少しでも近い方に車を止めようとするのである。

結局、駅前の百貨店や大型スーパーが栄えた時代は終わったのかなとも思う。
駅前の大型小売店が商店街を駆逐したように、今度は郊外大型店舗が駅前大型小売店を駆逐するのである。

あと郊外に巨大ショッピングモール、巨大ホームセンター、衣料品店、アウトレットモールが立ち並び、
ネットショッピング、ネットスーパーもある今、店舗数が過剰なのではないかなとも思う。

実際ネット以外で最近自分自身がどこで買い物をしたかを考えてみても、
まずは、ぐりーんうぉーく多摩内にあるヤマダ電機、ニトリ、コーナン、
あとホームセンターはホーマック、ムラウチホビー、
山道具は三井アウトレットモール多摩南大沢内にあるモンベル、
衣料品はイトーヨーカドー、しまむら、ユニクロ、AOKI、洋服の青山などだし、
そしてケーズデンキ、ノジマも使ったが、全部八王子市内なのだがことごとく郊外店舗である。

こういう郊外店舗がわんさかとあり、ネットショッピングもあり、
ここに客をとられるんだから駅前だからって安穏としていられないというのは当然である。

そしてこの前ネットスーパーを利用して思ったのだが、
郊外型大型店舗もその内ネットスーパーに客を取られて行くのではないだろうか。
車を運転できなくなった老人は近くの商店街に歩いていくのではなく、家にまで配達してくれる
通販に流れるんじゃなかろうかと。

テーマ:東京・多摩地域 - ジャンル:地域情報

  1. 2011/05/30(月) 19:16:49|
  2. 近頃のニュースについて
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1

ヤマボウシと台風とカラオケ

P1020422.jpg

P1020418.jpg

庭のヤマボウシが満開である。
接近しつつある台風2号の影響で昨日から大雨だが、そのせいで垂れ下がり花がこちらを向いているので
かなり豪華に見える。

台風が5月中に2つも本州に接近するのは観測史上初とのことである。

1日中家にいても仕方ないので今日はカラオケへ。
水曜日にファンモンのライブの前には「カラオケ歌広場」に行ったのだが、
今日はシダックスへ。
古すぎるサイバーダムを押し付ける店舗とは別の店舗である。

「歌広」はめちゃくちゃ安いのだが、やぱり機械が古い気がする。
ただ、背景映像が好きなのを選べるのは面白かった。

1月に古すぎるサイバーダムを押し付けるシダックスのことを書いたが↓
http://azmst.blog91.fc2.com/blog-entry-28.html
その店舗は3月いっぱいで閉店していた。
やっぱりね。
あんなことをしているから閉店に追い込まれたのか、それとももともと立地が悪く収益率が悪かったから
あんなことをしていたのか分からないが、やっぱりねとしかいいようがない。

もう閉店してしまったので、店舗が特定されても問題ないと思うので書いてしまうのだが、
その店舗は以前は「忠実屋」であった。
で、1年前くらいからであろうか、シダックスのペンキが剥げてきて、その忠実屋のシンボルマークである
マーガレットが透けて見えてきていた。
そんな状態で大丈夫なのかな?と思っていたのだが案の定閉店してしまったわけである。

皆同じことを考えるのか今日のカラオケ店はかなり混んでいた。
コブクロの「Blue Bird」と「あの太陽が、この世界を照らし続けるように。」を歌ってみて、
この2曲のリリースの間はかなり短かったなと思った。

そして、映画『岳』も見てみようかなとも思った。

帰宅してみると大雨は続いているものの台風は15時に温帯低気圧に変わったとのことであった。

テーマ:カラオケ♪ - ジャンル:音楽

  1. 2011/05/29(日) 19:27:32|
  2. TV・ラジオ・音楽・本・映画
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ゴーヤの子づるの間引き

昨日関東地方も東海・甲信地方とともに梅雨入り。平年より12日も早く、去年よりも17日も早い。
観測史上2番目の早さということだ。確かに5月中に梅雨入りなんてあまり記憶にない。

台風2号も北上していて今日も雨空。
japan_near_small.jpg

気温も18℃前後でそんなに高くないのだがゴーヤはここにきて成長が目に見えて早まってきた感じだ。
2週間前に摘心したのだが、あばしゴーヤの方はかなり子づるが伸びてきた。
子づるが6本。
P1020405.jpg P1020409.jpg

左が間引き前、右が間引き後。

子づるは勢いがよいものを2本ほど残すのがいいらしいが、なんとなく元気のないもの1本と
ネットの裏側に回ってしまったもの2本を切って、3本残してみた。
なんだかもう1本切ってしまうのはなんだか忍びなかったのと、予備という感じもあるので。

白レイシ(左)の子づるの伸びはあんまりよくない。
丁度3本ほどが伸びてきているのでそのままにした。
ノーマルゴーヤ(右)の伸びは特によくない。まだ摘心もしていないくらいである。

P1020411.jpg

-----
ゴーヤの記録

1.ゴーヤの苗の植え付け (4/29)
2. ゴーヤの摘心と台芽かき(5/14)

テーマ:園芸 - ジャンル:趣味・実用

  1. 2011/05/28(土) 18:02:11|
  2. 園芸
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

三本の指に入る

この記事を閲覧するにはパスワードが必要です
パスワード入力
  1. 2011/05/27(金) 23:59:28|
  2. 日記
次のページ

プロフィール

e351wis

Author:e351wis

カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

04月 | 2011年05月 | 06月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -


カテゴリ

未分類 (0)
季節・日々のあれこれ (157)
近頃のニュースについて (63)
PC・ネット・デジタル・家電 (93)
TV・ラジオ・音楽・本・映画 (158)
登山・トレッキング (211)
山の話題・登山道具など (79)
散歩・美術館など (54)
国内旅行 (75)
海外旅行 (61)
園芸 (74)
日記 (147)

ライブカメラCh.

月齢

fxwill.com

Google Maps

最新記事

月別アーカイブ

最新コメント

最新トラックバック

リンク

このブログをリンクに追加する

カウンター