やっぱり単なる日記

日常のあれこれと登山や旅行の記録。

原付(50cc)のタイヤ交換とバッテリーも交換?

今朝出勤しようとして原付(50cc)に乗っているとなんだかスピードが出ない。
寒いからエンジンの回転が上がらないのかと思っていたら突然横に倒れそうになった。
すべった後輪をみているとまったく空気が入っていない。どうやらパンクしたようだ。
 
原付を買って2006年4月から4年8カ月。走行距離は8250km程度。タイヤの寿命としてはどうなのだろうか?
職場には遅れるとの電話をして、バイク店へ。平地だとなんでもないのだが、坂道になるとかなり重い。
近所のバイク屋で購入しておいて正解だったと思った。
で、バイク屋にて。スリップサインが出ているからタイヤ交換になると言われた。
ということはスリップサインが出ていないとパンク修理というのもありなのだろうか?原付とか車のタイヤでパンク
修理というのは聞いたことがないが、できるとしてもなんだか怖い気がする。
で、タイヤの値段は後輪だけだと¥6200だが、前後合わせて交換すると¥10000だというので前後両方替えること
にした。あと半年位しか乗らないなら後輪だけ交換でもいいが、乗り続けるなら前後両方替えたほうがいいと
いうことだったし、確かに前輪だってもうすぐ寿命が来ることだろう。
 
あとでネットでタイヤ代を見てみたら、タイヤ1本¥3000位らしい。そうすると手間賃が1本¥2000位ということに
なりかなりお得だったと思う。
昔マウンテンバイク(といっても¥20000程度のもの)のタイヤ1本交換したことがあったが、その時は¥5000した。
自転車は車体が¥20000程度なので、それから考えるとかなり高い。
原付は今乗っているTodayの車体が¥120000-¥130000位するということを考えると、割合的には安いということになる。
 ただ、自動車のタイヤも安いものでは¥3000位であり、工賃も含めて4本¥30000位でできるらしくそれに比べると
高いということになる。50cc原付のタイヤと自動車のタイヤの値段が同じというのには驚きである。
これはやはり数の効果ということなのだろう。
30分位で交換できるとのことだったが、これ以上遅刻するわけにもいかないので、仕事帰りに取りに行くことにし
バスで職場へ。バスだと経路が遠回りなので時間がかかって無駄である。
 
で、帰りにバイクを受け取ると今度はエンジンがかからない。セルモーターが回らないのである。
電気も付かないので、バッテリー上がりのようである。バッテリーは予備のものを貸してくれたので、
それで帰宅。バッテリーは充電しておいてくれるとのことであった。
 
12/28
仕事帰りに充電しておいてくれたバッテリーを受け取る。
バッテリーは3年位でだめになる場合もあるから4年半だとかなり持っている方だそうだ。
もしこの充電してもらったバッテリーでもだめになるとバッテリー交換になるそうである。
通常¥15000はするらしいが、¥8500位のものを仕入れるとのことである。¥8500か…。
ネットで調べてみると¥2000-あるみたいだが、あんまり安いのもちょっと不安だし、交換してもセルモーターが
回らなかったとかいう記述も見つけた。だったら¥8500でも仕方ないかなとも思った。
スポンサーサイト
  1. 2010/12/27(月) 20:47:53|
  2. 季節・日々のあれこれ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ミュージックステーションスーパーライブと浜崎あゆみ

去年あんなにいいと書いたのに「日テレベストアーティスト」を今年は見そびれてしまったので、
今年はその代わりに「ミュージックステーションスーパーライブ」を見た。
 
日テレベストアーティストと同じくこの番組も出演者の選択がよくて満足できた。
古い曲+新しい曲、ということでもっと新しい曲ばっかり聴きたいというきらいはあったが、
見たい歌手、聴きたい曲がでてきた。
 
絢香が休業している今、一番歌唱力のある歌手は、Superflyの越智志帆、JUJU、西野カナ、かなと思った。
西野カナは歌唱力があるから歌の世界がもっと広がればもっとファンが増えるのになぁと思った。
コブクロは最近ちょっとハモリが以前ほどあっていないのが不思議である。
 
で、今回一番印象に残ったのが浜崎あゆみである。
新曲「Love song」で、なんだか「crossroad」に続いてなんだか浜崎の今の状況を歌っているような感じがして
ちょっと悲壮さを感じてしまった。爆発的に売れていたのに急に売れなくなって、耳の病気になって、ということ
を歌っているような感じがしてしまう。
 
ただ、なんだか中島みゆきみたいな貫禄がでてきたのがよかった。曲風もちょっと変わってきていて楽しみ
である。00年代の浜崎を脱皮して、中島みたいなロングランの歌手として残っていけるのかもしれない。
 
「Love song」
♪歌のない人生なんて そんなの見当もつかない
♪どうやらそう簡単には ことは運ばないらしい
♪そんなに何もかも全部 うまくいくなんて思っていない
 
「crossroad」
♪ここから見えている景色は 夢に描いていた景色とどのくらい違うのかななんて 思う時があるよね
♪それでも進み続けてる まだ負けてなんかいないよって
♪懐かしい想い出たちばかり そこらじゅうに転がる道を 偶然通り過ぎたら温かいけど苦しかった
♪変わっていく事とか変えてきた事とか 変えられない事 私はうまく笑えてる?
 
今年は嵐とAKBがすごく売れたようだ。
(CDシングル売上だとTOP10に嵐とAKBしか入らなかったようだが、ダウンロードだと西野カナもかなり売れて
いるようだ。このCDシングル売上で売れている曲を表わすということがもう時代遅れなのかもしれない。)
嵐の曲は次から次にいい曲をもらったが、やっぱり最後の「果てない空」が一番かなと思う。
AKBもモーニング娘(もっと古く言えば、おニャン子クラブ?)風の売り方がちょっと好きではないが、
曲としては「beginner」はよかった。毎年毎年かなりいい曲が出てると思う。
 
昔はよかった(それが10年前だったり20年前だったりかなり最近だったりするのだ。)と言って、新しい曲を
あまり聴かない人もいるが、ほんともったいないと思う。
売れている曲はいい曲である、というスタンスでこれからも音楽を聴いていくつもりである。
  1. 2010/12/26(日) 01:00:24|
  2. TV・ラジオ・音楽・本・映画
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ホームベーカリーを購入と佐川急便再びの誤配

 


ネットでホームベーカリーを買った。
 
最近はSANYOのGOPAN(ゴパン)が米からパンができるということで話題になっているが、
それはいちいち「小麦グルテン」を購入しなければならないらしいのでやめた。
 
しかも¥5万位するらしいのである。
そんな高いんじゃ元が取れないし、うまく作れなかったらショックが大きい。
 
で、ネットで検索して見つけたのがこれ。
SHIROCA SHB-12W である。
オークセールという日本の会社が作っているらしいのだが、ほぼノーブランドといってもいいだろう。
 
が、これがネット上で評判がいいのである。¥6千弱送料込で買ったのだが、パンも1斤~2斤までできるし、
餅やジャムも作れるというのである。が、とりあえず¥6千というのが一番の魅力だ。
これならすぐ元が取れるし、そんなにうまく作れなくても痛くない。
 
実際作ってみると、ホームベーカリー自体を使うのが初めてだから思うのだろうが、羽1枚でよくこんなに
うまくこねられるなぁと感心してしまう。
パンは何度も作ったことがあるが、なかなかこううまくこねることは出来ないものである。
羽のまとまってくっついてしまうと少し回転をやめて生地が離れるまで待ったりしている。
 

そして4時間半で完成。
 
標準で焼きあがりの色も丁度いい。
 
そして食べた感じは、市販のパンと変わらない。うまくできているが、手作り感はないパンである。
ただ焼き立てなのでかなりおいしい。 
しかも余計な保存料とか入ってないので毎日食べるにはいい。
 
パンもたまに菓子パンのようなものをつくるなら手間がかかってもいいのだが、
毎日食べるものをつくるならこれくらいの手軽さでなければと思った。たった6千円弱で、大成功である。
 
p.s. 12/25
今日は「フランスパン風」機能を使ったのだが、買ったものかそれ以上の味のフランスパンができて感動。
トランセンドのMP3プレーヤーを買った時( http://azmst.blog91.fc2.com/blog-entry-86.html )
も思ったのだが、口コミサイト(価格コム)などで調べて買い物をするとほんと失敗がない。
口コミサイトで評判がいいものは、有名でないメーカーのものでもいいものが買え、しかもお得である。
インターネットで個人が自由に情報を発信することができると、こういった広告宣伝力のない有名でない
メーカーのいい製品が売れるのである。本当にいい世の中になったと思う。
 


余談だかこのホームベーカリーの配達が佐川急便だったのが最悪だった。
前にも書いたが http://azmst.blog91.fc2.com/blog-entry-141.html
また誤配である。ネットで配達記録を見てみたら「持ち帰りました」となっている。が配達の連絡票は来ていない。
でまた誤配したなと思って電話してみると、女が「調べて折り返し電話します」と言ったくせに15分待っても
電話は来ない。どうせバイトの女かなんかであてにならないなと思ってまた電話すると今度出た男は
「すぐ伺ったはずです」と返事をした。そんなにすぐ分かるならさっきの折り返しにしますはなんなんだよ?
面倒だから後回しにしたのか、あきらめると思ったのか、意味のわからない事をする女である。
で、配達しにきたなら連絡票が入ってるはずだか入っていないからまた別の家に行ったんだろうと言うと、
非はすぐ認めて、明日必ず配達するとのこと。で、時間は何時がいいのかと聞くから18時にしたのだが、
翌日案の定その時間に来ない…。そしてまた連絡して…の繰り返し。
ということで配達が2日も遅れた。
 
最近は発送元がメールで伝票番号を教えてくれるからいいものの、伝票番号が分からない場合、
他人の家に配達の連絡票を突っ込んでそのままにしておくわけだから、どうにもならない。
何を買っているか他人にまるわかりなわけだし。
ほんと佐川急便、最悪である。

テーマ:料理 - ジャンル:趣味・実用

  1. 2010/12/23(木) 14:54:21|
  2. PC・ネット・デジタル・家電
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

レウイシア


 
先週、久しぶりに鉢花を買った。
 
レウイシアである。
 
スベリヒユ科で北アメリカ原産、ロッキー山脈に生える
植物らしい。
 
葉は多肉質なので、花が終わっても鑑賞できそうである。
ただ、やはり高温多湿に弱いので夏が越せるかどうか。
 
今まで園芸店でもあまり見たことがなかったので、近年
入ってきたのだろう。
 
この花を見ていたら、ロッキー山脈に行ってみたくなった。
 
  1. 2010/12/23(木) 14:20:14|
  2. 園芸
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

川のような関門海峡ともっと時間をとりたかった門司レトロ

12/10-12の九州北部の旅行の続き。
 


3日目は最終日であり、16時の飛行機なのでどこまえ遠くにいけるかという感じであったが、昨日平戸まで走った感じだと、
関門海峡までいけるかなということで、門司まで行ってみることにした。
 
北九州都市高速を春日で降りると「門司レトロ」という看板があった。「門司レトロ」という観光地があるのだろう。
ということでそのまま向かうと、確かにレトロな建物が現れた。
そこは「NTT門司・電気通信レトロ館」というところであり、電話の歴史が分かるようになっている。

電話機の展示だけでは珍しくないのだが、交換手を通した電話のつなぎ方を実際の機械を使って体験できたりするのである。
かける側がまず取っ手をぐるぐる回して交換手を呼び出し、「○○番お願いします」というあれである。
「古いものなので壊れたら修理できません」と書いてあるようなものを使わせてくれるのだからかなり貴重な体験である。
もしかしたらその内壊れてしまうかもしれない。


 
公衆電話の最新機種ということで、IC公衆電話が展示されているがこれ自体がもう「レトロ」の域に入っている。
ICテレカまで売り出してなんで廃止してしまったのか本当に謎である。
海外のテレカの展示もあったが、海外ではかなりICテレカが主流になっているようである。
いくら携帯電話が普及したからといって公衆電話が全廃されることはなく、
その公衆電話はICであってしかるべきなのではないだろうか。
 


電気通信レトロ館でもらった「門司港レトロ・ガイドマップ」を見てみると門司港の周りはレトロな建物が
沢山保存されているようであった。これを知っていたらもうちょっと博多を早く発てば良かったと思った。
 
山口県も福岡県も旅行したことがあったが、それぞれ萩・山口市付近と柳川付近であったために関門海峡を見るのは
初めてだ。地図では何度も見たことがあるが、(行きの飛行機の中から実物も見たが。)実際こんなに狭いとは思わなかった。
これじゃまるで川である。戦前に海底トンネルを貫通させることができたのもうなずける。



時間があれば海底トンネルの歩道を歩いて本州まで行ってみたかったが、なにぶん門司を観光する予定はなかったため、
時間が足りない。この後に小倉にも志賀島にも行かなくてはならないからである。
 


小倉へは北九州都市高速を通りすぐである。小倉城は平山城ではなく平城なのかビルに隠れて見えないくらいである。
こちらもまた鉄筋コンクリート造りらしいので、時間の関係もあり中を見るのはパスした。
木造現存天主と違い、鉄筋コンクリートの天主の中身は地方の鄙びた郷土資料館と違いはないからである。
ただこちらの天主は実存したものを復元しているので、昨日の唐津城よりはましである。

小倉といえば、1945年の8月9日にもし天気がよければ、長崎の代わりに米軍に核攻撃を受けていた地としての
認識しかなかったが、門司港のある門司・八幡製鉄所のある八幡、そして米軍に狙われるくらいの工業地帯である
小倉などが合併した北九州市が現在いまいちぱっとしないのは、ほんと残念である。
 


そして北九州都市高速、九州道を経て古賀で降りる。
そしてそこから志賀島までが意外と時間がかかる。空港には遅くとも15時半にはついていないとまずいので、
14時をタイムリミットにして向かったのだが結局志賀島に足を踏み入れただけで終わった。
海の中道はかなり福岡市のリゾートになっているんだなぁということが分かったくらいである。 
あと道の駅で食べたサバ丼がおいしかった。

福岡空港は街中にあるので便利だなぁなんて思っていたが、レンタカーを借りて遠出をするとなると、
車で街中を走らなくてはならなくなるので渋滞にはまってしまう。
これなら空港から電車でちょっと郊外にでてレンタカーを借りた方が良かったかなというくらいであった。
地方に旅行に出て空港まで渋滞で困ったなんて言う経験はほとんどない。強いて言えば那覇空港がそんな感じであった。

結局福岡空港前のレンタカー店に車を返却したのは15:35位であり、16:05発の飛行機にはぎりぎりというか、
まあぴったりという感じであった。
那覇空港で出発の10分前に空港に駆け付けたなんて経験があるのでそんなに焦りはしなかったが。

ということで九州北部を駆け足で一通り巡りました、という感じであった。
  1. 2010/12/20(月) 20:57:55|
  2. 国内旅行
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ

プロフィール

e351wis

Author:e351wis

カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

11月 | 2010年12月 | 01月
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -


カテゴリ

未分類 (0)
季節・日々のあれこれ (153)
近頃のニュースについて (63)
PC・ネット・デジタル・家電 (93)
TV・ラジオ・音楽・本・映画 (156)
登山・トレッキング (204)
山の話題・登山道具など (79)
散歩・美術館など (53)
国内旅行 (75)
海外旅行 (59)
園芸 (73)
日記 (147)

ライブカメラCh.

月齢

最新記事

月別アーカイブ

最新コメント

最新トラックバック

リンク

このブログをリンクに追加する

カウンター