やっぱり単なる日記

日常のあれこれと登山や旅行の記録。

甲州街道のいちょう並木


 
八王子市内の甲州街道(国道20号)は、追分町交差点-高尾駅前交差点までイチョウ並木になっている。
これは大正天皇の多摩御陵(現在は武蔵陵墓地の中の多摩陵)造営時に整備されたものだが、
追分町付近のものはかなり大きくなっていて圧巻である。
 
先週はこのイチョウの黄葉にあわせて行われる「いちょう祭り」に行ってきた
( http://azmst.blog91.fc2.com/blog-entry-48.html )のだが、追分町付近は今週が見ごろだった。
先週行った並木町辺りが先週でもう散り始めていたことを考えると、この辺りはかなり遅い。
これは追分町辺りがマンションが多く日当たりが悪いことが関係しているのか、それとも並木町辺りの方が
高尾山に近付くだけ寒いということなのだろうか?
 
並木というのはこれくらい大きくないとみすぼらしい。
甲州街道でいえば調布辺りもケヤキ並木が大きく美しい景観になっている。
並木の整備と管理にはなにかとお金がかかるものだが、やはり美しい景観を維持するかどうかということで
文化の高さが示されていると思う。
 
現在この国道20号の南側を並走する形で八王子南バイパスが整備されているが、このバイパスが完成しても、
多摩御陵のためのイチョウ並木の管理があるので現20号もそのまま国道のままなのだろうなと思う。
日野バイパスが完成した国立府中IC入口-八王子市高倉町までの国道20号は都道へと移管されてしまったが。
スポンサーサイト
  1. 2010/11/28(日) 21:55:49|
  2. 散歩・美術館など
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ベストヒット?歌謡祭

先週木曜日だかに「ベストヒット歌謡祭」をやっていたので録画して見てみた。
 
そしたら、なんだか近藤真彦だとかトータス松本だとか槇原だとか昔の面々が次々出てきて
何がベストヒット?という感じであった。 
去年はもっと今売れているメンバーがでていたはずだがと思って調べてみたら、
去年見たのは日テレの「ベストアーティスト」であった。
 
いや、録画でよかった…。生で見てたら2時間かかてしまったわけである。
 
なんだかこのベストヒット歌謡祭というのはもともとUSENがやっていた「全日本有線放送大賞」とかいうもの
だったらしく、「日本有線大賞」と区別するためにこの名称になったようだ。
 
今年のベストヒットいえば嵐とAKBだろうし、AKBは出ていたが嵐が呼べないようではベストヒットじゃないなぁ
という感じであった。
 
日本有線大賞も氷川きよしが2連続(しかも通算6回目)だし、このベストヒット歌謡祭もEXILEが3連続(しかも
通算5回目)なんてことになっている。レコード大賞もEXILEに2連続なので今年も期待は出来ない。
本当に売れているなら何連続でも文句はないんだが…。
 
何かのしがらみで売れていないのに賞をあげるなんてことをしてるとますますテレビ業界も衰退していくのでは
ないかと心配になる。
 
ベストヒット歌謡祭も最近の歌番組と傾向が同じで、生まれてもいない時代なのに何回も見たことのある
過去の映像を流していた。
その中で山口百恵がプレイバックpartⅡで「馬鹿にしないでよ」と歌っていたが、
しがらみで選んだ歌手を出して「ベストヒット」なんて視聴者をバカにしたことをいつまで続けるつもりだろうか?
  1. 2010/11/28(日) 17:49:17|
  2. TV・ラジオ・音楽・本・映画
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

5年ぶりの さきたま古墳群と忍城


今日は行田市にある「さきたま古墳群」に行ってきた。
 
前回行ったのは、2005年10月25日のことなので、実に5年ぶりである。
 
前回は大学院の授業で、受講者が自分1人であり、退官間近の教授と2人で行ったのであった。
 
環境関係の授業だったため、足尾鉱毒事件の関係で、田中正造の運動の拠点であった
旧谷中村である渡良瀬遊水地に行った帰りに寄ったのである。本来受講者が沢山いたならば、
安藤昌益についても学んでいたので、交代で運転して秋田まで行くはずだったのだが、
受講者が1人ということで渡良瀬遊水地になったのだ。
 
あんまり環境のこととは関係ないなと思いつつ行ったのであったが、ここの稲荷山古墳から出土した
国宝の「金錯銘鉄剣」には感動したのである。
錆びついた鉄剣に、決して酸化しない「金」の銘文が浮かび上がっているさまは、ほんと一見の価値がある。
やはり何度行ってもいいところであり今回は犬連れであったので犬も大喜びであった。


↑この店は、「ナニコレ珍百景」で紹介された本物の「古銭」が出てくる自動販売機がある店なのだが、
なかなか味わいのある店であった。
もしさきたま古墳群が、地域で推しているように本当に世界遺産になったならば、外国人が大喜びしそうな
土産が沢山売っていた。
 
行田市付近では「秘密のケンミンSHOW」か何かで見た「フライ」と「ゼリーフライ」というご当地食品があるのだが
屋台が出ていたり、看板を挙げた店などをかなり見かけた。
そういったご当地メニューが注目されるのはなかなか楽しいことだと思った。
 
帰りには、前々から行きたいと思っていた忍城にも寄った。
復元されている櫓と周囲に整備されている公園とが少し離れていて、ちょっと規模を感じられなかった。
 
今回急に行田に行ったのは、木曜の「空から日本を見てみよう」で丁度映っていたからである。
思い切って行ってみると充実した1日となるものである。
 
  1. 2010/11/27(土) 23:31:25|
  2. 国内旅行
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Komm, susser Tod - 甘き、死よ来たれ

この記事を閲覧するにはパスワードが必要です
パスワード入力
  1. 2010/11/25(木) 00:06:00|
  2. 日記

deuter AirContact45+10とmont-bell ツオロミーブーツの件

今年、ミレーのザック、サースフェーエヴォを買った時に、
10年前にドイターのザック、エアーコンタクトをどこで買ったかなかなか思い出せず、
結局日記に書いてあったことを書いたが ⇒ http://azmst.blog91.fc2.com/blog-entry-100.html
思わぬところでも、確認することができた。

過去の出納帳をなんとなく見ていたら、2000年の8月16日とあり、
「ザック AIRCONTACT45+10 S.R.C新宿本店 ¥14280」の記述が。
値段まで分かってしまった。

このドイターのエアーコンタクト45+10は現在でも売っていて、ネットで検索してみると、¥19000-19845で売られている。
これを5000円も安く買っているところをみると、物価は上がるところでは上がっているようだ。

で、話は変わって、今年5月に買ったモンベルのツオロミーブーツだが、
(買った時の話は http://azmst.blog91.fc2.com/blog-entry-115.html 参照)
1シーズン終わってその傷み方はかなりひどい。





特に右足の先端部分がはがれてきている。

日光白根山を湯元から登ってかなりひどい岩場を上り下りしたときにひっかけたのか?
その傷を奥穂高岳の岩場で広げてしまった感じである。

まぁ、高山を今年は10座ほど登っているのでこの位傷んでもしょうがないかなとも思う。
(ただ剥がれ始めたのは数回履き慣らしした後に登った日光白根山の時だったのだが…。)

やっぱり普段と同じ26.5cmでは小さかったような気もするし、今度は27.0cmで買ってみようか。
それもモンベルの登山靴が20000円しないから毎年買ってもいいかなと思うのである。
  1. 2010/11/23(火) 15:47:32|
  2. 山の話題・登山道具など
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ

プロフィール

e351wis

Author:e351wis

カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

10月 | 2010年11月 | 12月
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -


カテゴリ

未分類 (0)
季節・日々のあれこれ (160)
近頃のニュースについて (63)
PC・ネット・デジタル・家電 (94)
TV・ラジオ・音楽・本・映画 (159)
登山・トレッキング (215)
山の話題・登山道具など (79)
散歩・美術館など (54)
国内旅行 (76)
海外旅行 (61)
園芸 (74)
日記 (147)

ライブカメラCh.

月齢

fxwill.com

Google Maps

最新記事

月別アーカイブ

最新コメント

最新トラックバック

リンク

このブログをリンクに追加する

カウンター