やっぱり単なる日記

日常のあれこれと登山や旅行の記録。

台風一過の快晴の日、日和田山に登り巾着田で水面を眺める

DSCN8065 (480x360)
↑巾着田のヒガンバナと台風一過の空の下の日和田山

台風一過の快晴の日、友人に誘われて日高市・高麗の日和田山に登り、巾着田へヒガンバナを見に行く。
調べてみたら日和田山を歩くのは4年ぶり、巾着田のヒガンバナを見るのは実に12年ぶりのことだった。
https://www.yamareco.com/modules/yamareco/detail-309276.html
今日は本当は常念岳~蝶ヶ岳の縦走をしているはずだったのだが、
台風18号の接近で来月体育の日の連休に延期したのである。

DSCN8014 (480x360)

友人と待ち合わせたJR高麗川駅から歩き始め、最初は高麗神社へ参拝。
高麗神社は2年前の年末に来ているので↓ここはそんなに久しぶりではない。
http://azmst.blog91.fc2.com/blog-entry-1028.html
高麗郡設立1300年であった2016年もあっという間に終わってしまった。
神社本殿の前に植えられたムクゲの紅藤色の花が今日の快晴の空の水色に映えている。

DSCN8013.jpg

台風が運んできた熱帯の空気のため蒸し暑く、秋晴れという感じではない。
それでも陽射しの角度のせいなのか、やはり夏とは違う一種物悲しい秋の陽である。
日和田山からは筑波山から東京都心、丹沢山塊から奥多摩の山々、富士山まで見えていた。
が、友人の言うとおり北側の人工林を少し切り倒せば日光連山方面も見えてもっとよさそうだ。
日和田山の登山道はまだまだ緑が溢れていたが、それもどこか盛りを過ぎた色をしていてもう秋だということを実感する。
日和田山を下りて、ヒガンバナが咲き誇る巾着田へ。

DSCN8056 (480x360)

巾着田のヒガンバナは高麗川の自然堤防沿いの木陰に群生している。
その木陰で出店で買ったまんじゅうを食べながら秋の陽にキラキラ反射する高麗川の水面(みなも)を眺めていると、
今年の夏も終わってしまったなあという感傷が湧き上がるが、友人に秋も山の予定いっぱいじゃないかと言われ、
そうか秋も冬もそれはそれで楽しめばいいではないかと思い直す。

DSCN8047 (480x360)

高麗駅からは臨時で高麗駅~飯能駅間で折り返し運転をしている西武線に乗り飯能へ。
打ち上げの飲み会がまたまた伸びすぎて飲みすぎて、それでもこういう時間が人生の糧となっていくのだろうと思う。
友人が以前も来たことのあるという飯能駅前の居酒屋は、なぜか90年代ヒット曲がずっと流れていた。
学生時代に戻ったような気分になりつつ、学生の時よりも気兼ねなく話の出来る友人に恵まれその頃よりもずっと楽しい。
結局4時間余り飲み続けて解散。
最後には安室奈美恵の「CAN YOU CELEBRATE?」が流れていた。
どうも苦手な秋から冬の時期なのだが、歳とともに少しずつ楽しめるようになっているのだろうか。

スポンサーサイト

テーマ:山登り - ジャンル:趣味・実用

  1. 2017/09/18(月) 22:39:06|
  2. 登山・トレッキング
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

八王子市制百周年記念「全国都市緑化はちおうじフェア」の開幕にブルーインパルス飛来

DSCN7998.jpgDSCN8000.jpg

本日、八王子市制百周記念の「全国都市緑化はちおうじフェア」が開幕し、それにオープニングに合わせて
航空自衛隊のブルーインパルスが展示飛行で来ることになった。

昨日の前日予行は職場の窓からちょっとみたのだが、見てみるまではそんなに人が集まるほど面白いもの
なのかなと思っていたのだが、こんなに近くで戦闘機が飛んでいるのを見たことはなかったので、
その整然とした動き、機敏な動きを見ていると、これは面白いなと思った。
そもそも戦闘機は戦闘のために存在しているので、それをこういった展示飛行で楽しめるのは平和だからこそだ。

昨日の予行の様子を撮影した投稿を見つけた↓


今日は台風18号が九州に近づいており、秋雨前線が北上し曇天。
朝から雨が降って展示飛行は中止になるかと思ったのだが、展示飛行が始まる時間は少し明るくなった。
そして、予定通りブルーインパルスが飛来。
ただ、昨日は「さくら」や「八」の字などを描いてくれたらしいが、今日は低い雲のためそういった飛行はできなかったようで、
まっすぐに飛んだだけだった。
なんというか、本当は飛ぶのが難しい天候の中を、なんとか飛ぶだけでも飛んでくれたという感じだった。
仕事とはいえ、そんな無理しないでもいいのにと思った。

DSCN7984.jpgDSCN7995.jpg

帰りがけに「全国都市緑化はちおうじフェア」のメイン会場である富士森公園に寄る。
向かい側の中華料理店にアドバルーンが上がっていてお祭り気分を盛り上げている。
このフェアの時だけ陸上競技場と野球場が花壇になっているのだが、1ヶ月間だけでこれを潰してしまうのは無駄なような気もするが、
人々の記憶に残ることが目的なのであり、それがお祭りというものなのだろう。

DSCN8001.jpgDSCN8005.jpg

テーマ:東京・多摩地域 - ジャンル:地域情報

  1. 2017/09/16(土) 23:59:37|
  2. 季節・日々のあれこれ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ポトスステータスとマドカズラ

DSCN7940.jpg

友人からもらったポトスを水挿しにしていたが、根が出てきたので鉢植えにする。
これは一般的なポトスであるゴールデンポトスではなく、最上級のポトスということでポトスステータスという品種とのこと。
たしかにゴールデンポトスよりも斑の部分が真っ白で、葉もちょっと薄い感じでカールがかかっているので
ちょっとポトスっぽくなく、上品な感じがする。

DSCN7942.jpg

あともう一つもらったのが、ポトスと同じくサトイモ科で、モンステラ属になるマドカズラだ。
モンステラが葉に切れ込みが入るのに対して、マドカズラは名前のとおり葉に「窓」=穴が空くのである。
見た目も面白いし、インテリア性もあるので気に入っているのだが、これは最低冬越し温度が10℃必要らしいので、
我が家ではちょっと冬越しは厳しいかもしれない。

テーマ:サボテン・多肉植物・観葉植物 - ジャンル:趣味・実用

  1. 2017/09/12(火) 23:59:52|
  2. 園芸
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

秋晴れの展望を期待して甲州高尾山へ、そしてブドウ狩り

DSCN7957.jpg
↑残念ながら南アルプスは雲の中だった。

甲州勝沼にある甲州高尾山。
山火事で木がなくなり稜線からの見晴らしがいい山ということは知っていたが、
スタート地点までのアクセスがタクシーになるので今まで行ったことはなかった。
今回参加している登山サークルで、この山に登りその後ブドウ狩りをするという企画が出たので行ってみることにした。
先週は仙丈ヶ岳に登り、来週は常念岳~蝶ヶ岳を歩く予定なので、その合間の日帰り登山としてはちょうどいい手軽さだし、
秋晴れの下南アルプスを眺めるのは気分がいいに違いないと思ったからだ。

勝沼ぶどう郷駅から出発地点の大滝不動へはタクシーを利用。
タクシーに4人で乗車するのでタクシー代を安く抑えることができる。
大滝不動には名前のとおり大きな滝があるのだが、水量がかなり少なかったのは季節的なものなのだろうか。
スギヒノキの植林地の林床にはシソ科の植物であるシモバシラの花が咲いていて、
冬になればシモバシラの氷の華が沢山見られそうだ。
植林地から尾根に出ると、聞いていたとおり大木がなくなる。
山火事の後植林したようだが、苗木がまだ大きくなっていないので見晴らしがいい。
年月が経つと見晴らしの悪い山に戻ってしまいそうだが、一応南側斜面はコナラなどの落葉樹にしてあるのは、
木が大きくなった時も冬場の展望は確保しようということなのだろう。
北側斜面にはヒノキが植林してあったが、こちらも落葉樹にしてくれればいいのにと思った。

今日は秋晴れだと思っていたのだが、意外にも湿度が高く昼近くになるとどんどん雲が湧き上がってきた。
そのため周囲の山もだいたい標高2000m以上は雲の中に入ってしまっていて、期待していた南アルプスなど全く見えない。
当然富士山も見えない。
やはりこのくらいの標高の山はもう少し秋も深まった頃か、もしくは初冬くらいが見晴らしもよくていいのだろう。
冬晴れの日に、陽当たりもいいので稜線で鍋かなんかをするのもいいかもしれない。
今回は時期がちょっと早すぎた感じだ。

DSCN7975.jpg

ぶどう寺とも呼ばれる大善寺に下り、そこでブドウ狩りを予約していた玉翠苑に迎えに来てもらい、ブドウ狩りへ。
思ったより広いブドウ園で色々な種類のブドウを食べ比べる。
ただ、やはり生のブドウはそんなに大量に食べられるものではない。
「やっぱりブドウはワインにして飲んだ方がいいのかも」なんて思わず口に出してしまった。

テーマ:山登り - ジャンル:趣味・実用

  1. 2017/09/10(日) 23:59:18|
  2. 登山・トレッキング
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

『打ち上げ花火、下から見るか横から見るか』を見に行ったけど…

職場の福利厚生で少し安く買える映画の鑑賞券を購入していたのだが、
その期限が今月で終わってしまうので映画を見に行くことにした。

今上映している映画で見てもいいかなぁと思ったのが、
『打ち上げ花火、下から見るか横から見るか』だった。
というのは、DAOKO×米津玄師の『打上花火』の音楽がよかったからだ。
ただ、事前にYoutubeで公開されているMVを見てみると、この映画のキャラクターデザインがちょっと苦手だ。
なんというか、少女マンガっぽいキャラクターデザインだからだ。
もうちょっと目が小さくてもいいんじゃないか?



そもそもこの映画は、以前あったドラマのリメイク版らしく、内容もあんまり期待していなかったが、
見終わった感想としては、期待していなかった分、まあまあ良かった。
中学生くらいの、女子の方が圧倒的に成長が早くてませていて、男子の方が子供っぽいというところがうまく描けていて面白い。
あと、登場する大人たちがみんな汚れているところがなかなかにリアルだ。
ただ、やはりキャラクターデザインがなぁ、という感じ。
下手なCGを使った映画を見るならもうアニメの方が絶対いいと思っているのだが、この映画も背景はすごくいい。
ただ、そこにこのキャラクターデザインだとちょっと背景から浮いている感じがした。
あと、音楽に期待していたのだが劇中の曲であまり記憶に残るものはなかったのが残念だった。

去年の映画『君の名は。』が記録的大ヒットを飛ばしたのは、やはり緻密に組まれた圧倒的なストーリーとともに、
背景とともにキャラクターデザインが秀逸で、そしてそこに音楽が調和していたという総合的な力によるものだと思う。
なかなか、これだけそろった映画っていうのは難しいんだなと思った。

『君の名は。』の感想
http://azmst.blog91.fc2.com/blog-entry-1109.html

なんだかもう一回『君の名は。』を見たくなった。

テーマ:映画★★★★★レビュー - ジャンル:映画

  1. 2017/09/09(土) 23:59:31|
  2. TV・ラジオ・音楽・本・映画
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ

プロフィール

e351wis

Author:e351wis

カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

08月 | 2017年09月 | 10月
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30


カテゴリ

未分類 (0)
季節・日々のあれこれ (158)
近頃のニュースについて (63)
PC・ネット・デジタル・家電 (93)
TV・ラジオ・音楽・本・映画 (158)
登山・トレッキング (211)
山の話題・登山道具など (79)
散歩・美術館など (54)
国内旅行 (75)
海外旅行 (61)
園芸 (74)
日記 (147)

ライブカメラCh.

月齢

fxwill.com

Google Maps

最新記事

月別アーカイブ

最新コメント

最新トラックバック

リンク

このブログをリンクに追加する

カウンター